消費税の軽減税率

消費税軽減税率の方針がようやく自民・公明の間でまとまったようですが、そもそも消費税の利点は誰からも一律で税負担してもらうということにあり、その点、一部税率据え置きにするというのは、これに反しているように思います。

確かに収入の少ない世帯にはダイレクトに増税になってしまいますが、税率が一部異なるということは、その分の対応コストがかなり大きくなり、その財源のロスがもったいないと思います。

ちょっと考えただけでも、レジのシステムのみならず、会計システムの対応や、帳票フォーマットの変更など、色々とやることがありますね。

一律同じなら、パラメータを1箇所変えるだけなのにって思いますよね。

その費用負担は、国であったり、それぞれの企業だったりする訳なので、別な形で誰かが負担することになるはずです。

財源不足から決めた消費税増税なのですから、極力無駄なく集め、適切に再配分した方が良いと思うんですが。。。

 

ちなみに、テレビでは食品の税率ばかり話題になっていますが、新聞を含めるだのという議論はどうなっているのでしょう?

利権の温床になりかねないので、この議論自体、茶番な感じがして来ました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください