妻が社長になりました

以前の記事で、今すぐ妻を社長にしなさい、という本について書きましたが、実現してしまいました。パチパチ! 合同会社なので、正確には代表社員ですが。

手続き自体は、知り合いに聞いたり、行政書士さんを紹介してもらったりしましたが、意外とすんなり終わりました。

これまで、色々な本を読み、会社設立方法について勉強してきましたが、この数週間で見たり聞いたりしたことは、本にもネットにも書いていないことが 沢山ありました。でも、会社を動かしている人達にとっては当たり前のことだったりしました。

基本的なことはベースとして知識を蓄える必要がありますが、実行に移す時には、やはり知っている人に聞くのが大事ですね。

で、基本的なこと。

今、サラリーマンの方だったら、営業だとお客様と契約したり、逆に協力会社への発注だったり、ある程度契約行為に関わっているのではないでしょうか。契約行為に関しては、法律上の意味合いや、トラブル時の対応方法などにも多少なりとも身についているのではないでしょうか。
業種を問わず、こういう知識は大事だと思います。多少専門用語が出てきても、その背景などを理解するのが早いと思いますね。

こういうベースがあると、約款を作ったり、関係業者との契約時にもかなり知識を活かせる部分がありますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください