ジェフリー・ディーヴァー最新刊出るのでこれまでのおすすめ5作品

前作からもう3年経ってしまいましたが、待望のリンカーン・ライム シリーズ最新刊が2021年11月に出るようです。待ちきれないので、特に良かった5作品をご紹介。

その前に、最新作のタイトルは『The Midnight Lock』だそうです。今度の犯人は、どんな鍵やセキュリティも突破するLocksmith(錠前屋)ということで今から楽しみです!

あ、米国でなので、日本語訳はもう少し待つ必要があります笑

ということで、特に良かったと思う作品を5つご紹介。どれも読んでみて損はないはず!

 

ボーン・コレクター

シリーズ第一作のこの作品を置いて、リンカーン・ライムシリーズは語れません。

捜査中の事故で、首から下が動かなくなったリンカーン・ライムが、犯罪捜査に協力し、非凡な洞察力を発揮します。

微細証拠から、犯人に迫る捜査手法にのめりこんでしまいます。

ちなみにシリーズで映画化されたのはこの作品だけ。デンゼル・ワシントン(リンカーン・ライム役)とアンジェリーナ・ジョリー(アメリア・サックス役)が主演しましたが、エピソードがいくつも省略されており、断然原作の方が面白いです。

読まないと、人生半分くらい損するかも!?

 

コフィン・ダンサー

腕に棺桶の入れ墨をした殺し屋”ダンサー” 変な言い方ですが、この犯人がとても良い!

そして、どんでん返しに完全に嵌められます。

ジェフリー・ディーヴァーが素晴らしいストーリーテラーということを認識せざるを得ません。

 

ウォッチメイカー


これまでで一番の難敵ウォッチメイカー。捜査に協力するキャサリン・ダンスも非常に良い!

結末を言ってしまうのはNGと思いつつ、この作品では、ウォッチメイカーを捕らえることはできませんでした。それを差し引いても、手に汗握る展開で、非常に面白かった。

のちに、キャサリン・ダンスはスピンオフして、個別シリーズになりました。

 

スキン・コレクター


特徴的な殺人犯が登場する本シリーズ。その中でも特にイヤな殺し方をするのがこの作品。

毒薬で入れ墨をし、被害者は非常に苦しんで死んでいきます。

思い出してもゾクッとするブルブル

 

バーニング・ワイヤー

本作では電気を操る殺人犯。

捜査を進める一方で、ウォッチメイカー逮捕作戦も進行します。

なので、先にウォッチメイカーを読むことをお勧めします。

 

まとめ

1作目で、動けないリンカーン・ライムの代わりに、ちょっとしたきっかけでアメリア・サックスが実働することになりましたが、後にパートナーとなっていく関係も気になります。

そのため、順番に読む方が良いかもしれませんが、まずはこの5作品だけでも強くお勧めしたいです!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください