新居にアンテナを立てました

株式会社電翔に依頼して、新居に地デジ+BS/CSアンテナを立ててもらいました。

昨今建売住宅には、テレビアンテナは付いていません。引き渡し後自分で手配して立てる必要があります。

テレビが要らない人もいるし、アンテナを立てるのではなく、ケーブルテレビやNTTのフレッツTVなどの有線で引く場合もあるので、買った人のお好きにどうぞ、ということですね。

僕的には、テレビは不可欠、BS/CSも欲しいです。

以前ひかりTVに入っていたこともあるのですが、これはセットトップボックスで、ゲームが出来たりするのですが、BSが限られた放送局しか受信できないもので、お試し期間が過ぎたらすぐにやめてしまいました。

フレッツ・テレビは、名前だけ聞くと似たような感じもしますが、BS/CSも放送局は限定されていないようです。セットトップボックスではなく、アンテナケーブルで集合線に接続します。
ただ、月額660円はかかってしまうので、数年経つと、地デジアンテナとコスト的に逆転してしまいます。

 

そんな前置きのもと、色々調べて取り付けをしてもらったのはこちらの電翔です。

株式会社電翔
http://www.densho-at.jp/

やってきたのは作業服のお兄さんです。こぎれいというとお世辞になってしまいますwwwが、説明も挨拶もしっかりしていて安心して任せられました。

取り付け結果はこちら。

20160424antenna

最初は屋根馬で立てるものと思っていたのですが、ワイヤで支えるので段々と緩んでくるため、将来的な安定性に不安があるそうです。特にBS/CSアンテナをつけようとすると、わずかな傾きでもアンテナレベルが下がってしまうので、安定性は重要です。

聞くと壁付けのほうが格段に安定するそうなのでこちらを選択しました。

料金は52,000円(税込)でした。屋根馬にしても同じ料金だそうです。ブースター込みで、テレビ10台まではこれで問題なく映るそうです。
アンテナとブースターはDXアンテナ製で、メーカーとしても問題ないですね。
5年保証があり、5年間は映りが悪くなったら調整しに来てくれます。

家の仲介をしてくれた不動産屋に聞くと、以前はアンテナ、作業費込みで7万くらいだったそうで、競争が働いていることがうかがえます。

 

ところで、この近辺は、tvkテレビ神奈川)の受信エリアなのですが、tvkはアンテナがスカイツリーではなく、独自のアンテナで放送しています。
要は、場所によってはスカイツリーと方角が違ってしまい、エリア内でもtvkが受信できない場合があります。

近所の家では、八木アンテナが二本二方向についている家が多く、このようなつけ方をしないとみられないのかと思っていました。

転居元の家では一方向のアンテナのみで、実際にtvkが映りませんでしたが、新居では見られました!!

工事のお兄さんが、スカイツリーとtvkの両方がみられるように、微妙にアンテナの向きを調整してくれたそうです。二本なくても調整すればみられる場合があるのですね。

これはうれしい誤算でした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください