ボウリング記録用の図

唐突ですが、ボウリングはどこに立って何を目印に投げるかが大事です。

僕の場合、マイボールを使う時は、12フィートのアプローチドットで、右端から2つ目の印に右足の親指を合わせて立ちます。

そして、右から2番目のスパットを目がけて投げるようにしています。

ハウスボールだとこれでは右に寄ってしまうので、板目3枚分くらい右から投げます。

自分の投げ方や、レーンのオイルの状態、ボールの種類で少しずつ変わってくるので、記録しておきたいなぁ~って思いません??

印の位置や板目の幅など細かく規格が決まっているので、世界中どこに行ってもサイズは同じなので記録用紙は共通で使えます。

 

なのに・・・無い。。。

 

規格を説明したサイトはいくつかあるのですが、記録用紙的なものは見つかりませんでした。

じゃあ、無いものは作ってしまえ、ということで簡単に作ってみました。

ボウリングレーンの図(bowling lane)

最初は実寸に合わせて描いてみようと思ったのですが、そうすると板目が細かくなりすぎるので、中間は省略しています。

ガターも要らないよね??ということで省略しています。

 

ご意見あれば改良できればと思っていますので、コメントいただけるとありがたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください