ニュースチェック(2016年6月17日)

ニュースへのコメント。英国EU残留派女性議員、撃たれ死亡。マーケットへの影響。


[残留派女性議員、撃たれ死亡=国民投票に影響の可能性]
英中部リーズ近郊で16日、最大野党・労働党の女性下院議員が男に銃撃され、救急ヘリで病院に搬送されたが死亡した。
(jiji.com)http://www.jiji.com/jc/article?k=2016061700006&g=int

⇒EU諸国ではBrexitという言葉で持ち切りの様子。Brexit(ブレキジット)は、Britain(英国)が、EU(欧州連合)からExit(離脱する)ことを表した造語です。
ニュースを見る限り、残留派と離脱派は拮抗しています。そんな中で起きた、残留を訴えていた議員が撃たれてしまうという痛ましい事件です。

 

イギリスでもこのようなことが起こってしまうのですね。

 

過激な考え方を持つ人が起こした事件でしょうけども、日本でそこまでのことは起きないのは治安が良いのか、熱が冷めているのか。。。

 

話を戻すと、目下、英国が欧州連合から離脱するかどうかの議論をしており、現地時間6月23日7時~国民投票が行われます。
投票終了は現地時間6月23日22時(日本時間6月24日6時))です。
開票結果は、早い地域で現地時間6月24日9時頃(日本時間6月25日17時頃)には出るようです。
とは言え開票が終わらなくても大勢が見えてくるでしょうから、6月24日の日本市場には少なからず影響が出るでしょう。

ここで、マーケットがどう動くか予想して、あるいはその場の流れをつかんでトレードする果敢なトレーダーはいるでしょうけど、多くの人にとっては落ち着きを取り戻すまで様子を見ているのが正解でしょうね。

どう動くかわからないマーケットに飛び込まなくても、先が読めるときにエントリーすればちゃんと勝てますから。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください