『いますぐ妻を社長にしなさい』坂下仁 著

資産形成をするには、妻を社長すると良い、というという話です。

最近のニュースでは、主婦の収入について、103万円の壁とか130万円の壁ということが取りざたされていますが、この壁を超えてしまうといくら損するかはきちんと把握されていない方も多いのではないかと思います。

夫の年収にもよりますが、年間で10万も変わらないはず。
ちょっと(節約もしくは仕事を)頑張れば、すぐに埋められる範囲ではないでしょうか。

さらにちなみに、パートで働いていると収入は正確に把握されますが、ヤフオクで稼いでいるとか、株やFXで稼いでいるとか、ブロガーで広告収入を結構稼いでいる場合、基本的に自己申告ですから、申告していなかったり、過少申告していたりしないでしょうか。⇒それ、違法(脱税)ですから。

そういった収入も、きちんと申告しながら節税するのには、会社を作るのがベストというのが本書の内容です。

通常、会社員は副業が認められていませんから、妻を社長にする。

本書で進めているのはプライベートカンパニーとして、合同会社を作るということです。合同会社の場合、代表者は『代表取締役』ではなく『代表社員』ですから、社長というのはどうかという話もありますが。

合同会社を作るのに必要なのは、8万円前後の費用と出資金だけです。時間的にも数時間で出来てしまうそうです。

もちろん、会社を作っただけでは資産は出来ませんので、その点は注意です。いずれにしても副業は考える必要があります。

副業が出来ればですが、会社の収入としてしまえば、費用を差し引いた分に所得税がかかります。ちょっと赤字になるようにしていけば、税金は法人住民税のみに出来ます。

車も会社名義にし、自宅は社宅にしてしまえばこれらも経費。会社員には出来ない仕組みです。

タイトルとは裏腹に著者が奥さんを説得するのに半年かかったとかwww

資産を増やす一つの方法として読んでおいて損はない1冊です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。