『The Cutting Edge』読書中(その1)(ジェフリー・ディーヴァー著リンカーンライムシリーズ最新刊)

日本語版で『ブラック・スクリーム』(ジェフリー ディーヴァー 著、池田 真紀子 訳)が出たばかりですが、すでに14作目のリンカーン・ライムシリーズが発売されています。タイトルはThe Cutting Edgeです。
もう待ちきれないので読んじゃいます!

とにかく安い!

こちらをご覧下さい。

ブラック・スクリームの日本語Kindle版2,200円です。
最新刊の原著Kindle版は、643円ですよ!!
何でそんなに違うんでしょう~!!
日本語であることの価値でしょうか・・・
ということで、多少読めないところがあっても損はしないので、皆さんも読んでみてはいかがでしょう。

 

早速読んでみる(ネタバレ注意)

英語の小説を読むのに慣れてはいないので、のめり込んだとしても、1ヵ月くらいはかかってしまいます。読書時間は、ほぼ通勤時間のみなので。
なので、後で簡単に振り返るためにも、あらすじ交じりで、読んだ内容と思ったことを書いて行きます。
ネタバレになってしまいますので、この先を読むのはご注意を!
とは言え、僕の読解が思いっきり誤っている可能性もあります(笑)
そんな時はご愛敬ということでお願いします。

今度のテーマはダイヤモンド

結婚指輪を作ろうと、ウイリアム(William)とアンナ(Anna)が、ダイヤモンド加工職人のジェイティン・パテル氏(Jatin Patel)を訪れるところから話が始まります。

パテルの店で、強盗に襲われる3人。

この強盗が、今回の犯人です。

3人が倒れ、血の海になった現場に、パテルのところで働くビマール・ラホーリ(Vimal Lahori)がやってくるのですが、ここで強盗と鉢合せに!

死を覚悟したビマールでしたが、運よく現場から逃げおおせます。

何故か名乗り出ない目撃者

ビマールは現場から逃げて、事件について匿名の通報をします。

しかし、何故か警察には名乗り出ない。むしろ警察に見つからないように行動します。

何故かは、まだ明かされません。

犯人は何を盗んだのか

リンカーン・ライム(Lincoln Rhyme)が協力することになったこの事件の現場に、アメリア・サックス(Amelia Sachs)が捜査に入ります。

強盗と思われた現場でしたが、多くのダイヤモンドが手つかずのまま残されているのを見て、何故なのだろうという疑問がわきます。

そして3人は、ただ殺されたというよりも拷問を受けた様子。

ただ事ではない状況ですね。

そして現場に残されていたVLのイニシャル。ビマール・ラホーリのことですが、どこにもビマールの記載がなく、ライムとサックスのチームには、VLが誰なのか謎のまま捜査が進められます。

 

今回はここまでです。だいたい全体の15%位まで進みました。

続きも乞うご期待です!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください