ScanSnap iX500を修理に出したら予想外なことに

ヤフオクでお買い得!と思って買ったScanSnap iX500。しかし、使ってみると、縦に筋が・・・
出品者に確認したのですが、気づいていなかったということで、悪気はなさそうなのと、ネタとして使えそうな気がした(^^)ので、そのまま受け取りました。(メッチャ戦っても良かったですが・・・)


確かに、ベタ塗りの素材をスキャンしないと気づきづらいのですが、状態としてはこんな感じでした。


全面単色だと明らかですね。。。

ガラス面の汚れが原因かと、念入りに拭いたのですが、全く改善せず。

そこで、ガラス面をよーーっく見ると、何とガラスの中に白い小さな紙くずのようなものが入ってました。

これではいくら拭いても綺麗になりません。

よほど分解して掃除しようかと思ったのですが、悪化する可能性もあるので、修理に出してみました。

修理代は15,228円(税込)
落札代金27,800円(送料込)と合わせると4万円以上
これだと新品が買えましたorz

60msくらい悩みましたが、診断だけでも4,320円(税込)かかるので、直しをお願いしました。

結局1月15日に修理に出して、戻ってきたのは1月28日。サイト記載の標準的な日数です。

そこで再度スキャンを実施すると・・・・


当たり前ですが、ちゃんと直ってましたパチパチ

・・・しかし、よく見ると雰囲気も違いますね。発色が違うような。。。

で、サポートセンターに問合せてみました。
やはり目の錯覚ではなく、部品交換後に、色の調整もしたとのこと。

経年劣化なのか、色合いも劣化するんですね。

ということで、参考になりましたでしょうか。

出品者も気づかない不良があった時にも返品か返金できるような条件でない限り、中古品は2万円以下じゃないと損する可能性があるかなと思いました。

中古でも人気商品なので、新品を買って、使い終わったら売る、というのも良いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください