メルカリで気をつけたいこと(その3)

その1その2で書き足りなかった出品者側の注意点を追記します。

9.コメントは消さない

インターネットではないネットの時代(パソコン通信の時代)から、掲示板などでスレ主や管理者が付けられたコメントを消すのは検閲行為として嫌われ、非難される行為でした。消してよいのは、公序良俗に反することや違法行為に関することくらいで、今でも基本はそうだと思います。

先日ちょっと驚いたのは、価格交渉の書き込みをしたら、返事もなくいきなりコメントを削除されたこと。

常識の価値観が違うのでしょうけど、過去のやり取りは、その商品の購入を検討する上で重要な情報なので、残しておいて欲しいですね。「出品者がコメントを削除しました」というのがいくつもあると若干不安を覚えます。「値引きできません」と書いてあった方がよほど印象が良いです。

 

10.説明が少ない

先日、内臓用ハードディスクが欲しくて探していたのですが、極端なものだと「HDD 中古品です」位の説明しかないものがありました。

製品の型番が書いた部分も見えづらい写真になっていて、どうにもわからない。

せめて容量とインターフェース(IDEとかSATAとか)は確認したいですよね。

詳しくない方は、型番等が書いてある部分を鮮明に写すようにすれば、購入する人が自分で調べられるのでそれでも良いのではないかと思います。

ちなみにそのハードディスクに対して「これはSSDですかHDDですか」という質問があり、明らかにHDDで、しかも型番からIDEだったので、思わず僕の方で答えてしまいました・・・だって、多少なりとも齧っている人は、SSDとHDDは見た感じでも見分けが付くのですが、出品側も購入側もわかっていなさそうだったので、お互いの不利益を事前に避けることが出来たらなと思いました。

 

11.商品の価値をリサーチしていない

これは逆の立場だと掘り出しものになるので書こうか迷いましたが書きます!

例えば4000円位で売れているものなのに、2000円とかの値付けをされている場合があります。オークション形式だと、そこから上がって行くのでしょうけど、メルカリはフリマ形式なので、ちょっと勿体ないですね。

その商品の型番で、Google検索するだけでも売れてる相場が分かってくるので、ひと手間掛けると、ギリギリの高値で売れますよ。

 

12.どうにも再利用できない

多少動作不良があるものを買って、直して使うとか、部品を取るとかっていうのは、中古品売買の面白さでもあります。どうにも再利用不能なものもあるので、その場合は殆ど値が付かないものです。

が、先ほどのHDDを探していた時に見かけたのは、動作不良があるにも関わらず、結構強気の値段を付けた出品でした。

HDDは、分解して部品を再利用するとかいうことは、ほとんど出来ない(同じ機種の基盤を、基盤が壊れた同型機に再利用するくらい?)ので、ほとんど価値はないですね。。。

・・・中のディスクは、綺麗なドーナツ型の円盤で、鏡としても使える位なものですので、こういう部品を工作などで使いたい、というのはあるかもですね。

(普通に分解すると、戻しても使えなくなりますのでご注意を。やるならチリ一つないクリーンルームでやってみてください。)

 

以上、少しでも参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください