Nintendo SwitchカラオケJOYSOUNDの音声遅延を解消するには

Nintendo SwitchカラオケJOYSOUNDがリリースされ試してみたのですが、やはり音声の遅延がとても気になり歌いづらいです。


遅延の原因は、マイクで拾った音が、テレビ側でデコードされる時間が影響しているので、Switchのせいではなく、どちらかというとテレビのせい。

テレビ側にゲームモードが用意されていれば改善できる場合もあるようですが、我が家のテレビにはなくどうにもできませんでした。

この解消方法は、任天堂のヘルプにも書いてあり、本体から直接外部スピーカーにつなぐことです。

以前、任天堂ホームページのQ&Aでは「スイッチとスピーカーを直接接続すると故障の原因になる」というような記載があり、HDMIから音声をとることを推奨していたのですが、僕が「本当なの?」とメールしたところ「当初そうだったが、今は問題なく、Q&Aから消しています。」と回答が!

そして見てみると、やはりその記載ページが消えています。

さも僕がメールする前から消していたような回答でしたが、絶対僕のメールみて消したはずです(–;) 大人ってやつは・・・

 

話は戻って、外部スピーカーの話です。

 

いろいろ調べて比較したところ、パイオニア ミニスピーカーシステムがよさそうだったのでこちらを買いました。

↓こちら

Wii UとNintendo Switchの両方を持っており、Wii Uに使えるケーブルが付属しているので、同じく遅延するWii UカラオケJOYSOUNDにも使えます

逆に、Switchにつなぐには、音声ケーブルが別に必要です。

↓こんなやつです

使ってみたところ、遅延は無くなり歌いやすくなったのですが、Switchはヘッドホン端子に接続するので、ヘッドホンとアンプの両方の音量をMAXにしてもちょうどよいくらいの音量にしかなりません。

家族4人集まって歌うには十分楽しめましたが、もう少し音が大きくしたいことがあるかも。

HDMI経由で音声をとれば違うのかもしれませんが、それは機材が無くて試していません。

肝心のSwitch版JOYSOUNDですが、うーん、操作性が・・・

テレビに表示するには本体をドックにセットしたままにする必要があり、そうするとどうやって曲を選ぶのか、という問題があります。

Wii Uだと、Game Padをカラオケ店のリモコンのように使えたのですがそうは行きません。

スマホを登録し、スマホで選曲することができるのですが、画面サイズの制約上、どうしてもページを切り替えて操作するような画面になっているので使いづらいです。

カラオケをやるなら、Wii Uの方がよいかもしれません。

ただ曲数が、Switch版が14万曲、Wii U版は10万曲と差があるのと、Wii Uを新たに買うのはもったいないので、そこが悩みどころですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください